神奈川県で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、横浜にある脱毛サロン選びにお役立てください。

基本情報

一生のトラブルになる?本当は怖いムダ毛の自己処理

更新日:

女性ならムダ毛の処理を行うのはエチケットとして当然のことです。

しかし、エステサロンやクリニックに行くのは敷居が高いし、自分でやったほうが簡単だと自己処理ばかりしていませんか?

実は手軽に思えるムダ毛の事故処理には、とんでもない危険が潜んでいるのです。

自己処理の種類ごとにデメリットをまとめてみた

一番手軽だが肌へのダメージが大きい「カミソリによるムダ毛処理」

ムダ毛の処理にカミソリを使っている人も多いことと思います。確かにカミソリは手軽で簡単。お風呂やシャワーのついでに処理をしてしまえば、毛も柔らかくなっているためそれほど難しくはありません。またカミソリは非常に安いのもメリット。確かに替え刃やシェービングクリームなどにお金はかかりますが、それほど高額ではありません。

しかしカミソリでの自己処理には大きなデメリットもあります。

それは「肌が傷つく」ということ。カミソリを使ったムダ毛の処理はカミソリの鋭い刃でムダ毛をカットしているようなイメージがありますが、実はそうではありません。カミソリでのムダ毛の処理は、いわば「肌を削っている」状態。確かにムダ毛もなくなりますが、肌の保湿の役割を果たしている角質も同時に削り落としているのです。

そのため、カミソリで処理した後の肌はぼろぼろの状態。さらに何度も自己処理を繰り返すことで再生能力自体が失われ、どこか色の悪い、くすんだお肌が定着してしまうのです。

脱毛ワックスも手軽だが、肌に合わない方も多い

カミソリによる自己処理で肌が傷ついているのなら、ワックスの場合はどうでしょう。

確かにワックスによる脱毛では、刃物は使わないため肌が傷つくことはないように思えます。さらにカミソリよりも広範囲を処理できるため、非常に便利な存在です。

しかし実はこれが落とし穴。ワックスは毛を大量に抜いているように思えますが、実は多くの毛が途中で切れている状態。そのため毛穴が開いたままで残ってしまいます。

さらにワックスは特殊な薬剤を使用しているため、人によっては肌にかゆみなどのトラブルを抱えてしまうことになります。

それに加えて、実はワックスも剥がすときには肌の角質を大量に持って行ってしまいます。そのため、ワックスもカミソリも、実は肌へのダメージには大きな違いはないのです。

毛抜きで抜いてしまうと細菌が入って炎症のリスクも

それでは毛抜きならどうでしょう。毛抜きはムダ毛だけにアプローチする方法で、確かに肌の角質がダメージを受けることはありません。

ただし、毛抜きの場合には毛穴が大きなダメージを受けます。さらにダメージを受けた毛穴は炎症を起こしやすい状態。そこに細菌などが侵入すると炎症を起こし、逆に毛穴自体が目立つようになってしまいます。

それでも毛抜きを使い続けていると、ダメージが蓄積、最終的には黒いホクロのようになってしまいます。

自己処理による主なトラブル

埋没毛(まいぼつもう)

自己処理によるトラブルの中で、最も多いのは埋没毛です。

これはカミソリや毛抜きで自己処理を行ったとき、途中で千切れてしまったムダ毛が皮膚の中で成長してしまう症状です。

一度埋没毛ができてしまうと、毛穴が黒いぶつぶつになったり、鳥肌のような状態にあれてしまったりすることが特徴で、そうなった場合には皮膚を切開して埋没毛を取り除かなければいけません。

黒ずみ(色素沈着)

埋没毛と同じぐらいに大きな事故処理のトラブルに肌の黒ずみがあります。これは皮膚のメラニン色素が沈着してしまうことが原因です。

メラニン色素は日焼けをしたとき、肌を黒くする色素で、メラニン色素が働くことで肌は紫外線のダメージから守られます。

しかし、カミソリやワックス、毛抜きなどで自己処理を続けていると、肌がダメージを受けていることからメラニン色素が活性化、皮膚を守らなければいけないと錯覚して、毛穴の部分を黒くしてしまいます。このとき、肌が健康なら黒ずんだ肌はやがて元に戻りますが、自己処理によって肌が傷ついていると、色素は消えず、黒ずみがずっと残ることになります。

肌荒れ

自己処理を続けていくと、皮膚のキメが乱れたり、乾燥したり、吹き出物ができやすくなったりということが起こります。

これは自己処理によって肌が傷つくことが原因。肌は再生能力があり、通常の場合は肌荒れを起こしてもすぐに健康な状態を取り戻しますが、荒れている状態でさらにカミソリやワックス、毛抜きなどでの自己処理を重ねてしまうと肌は回復することができません。

その結果、肌荒れがずっと続くということになってしまいます。

毛嚢炎

自己処理の中でもっとも怖いトラブルが毛嚢炎です。これはムダ毛を抜いた後の毛穴に細菌が入り込んで炎症を起こしている状態。

ニキビのようなできものができたり、周囲が赤くなったり、触ると痛みを覚えることもあります。

このような状態になってしまうと、消毒や抗生物質の服用、場合によっては外科的な治療が必要になることもあります。

さらに放置しておくと、その部分が跡になって残るということも珍しくありません。

ムダ毛の自己処理の危険性についてまとめ

女性なら絶対に必要なムダ毛の処理ですが、自己処理を繰り返していくと肌が傷つくだけでなく、後々まで残るダメージを受けることもあります。

これまでずっと自己処理を行っていた人は、かなり皮膚がダメージを受けているはず。処理後はしっかりケアを行うことはもちろん、トラブルが心配な場合はエステサロンやクリニックなどでの脱毛を考えてみてもいいかもしれませんね。

横浜でおすすめの脱毛サロンはこちら

-基本情報

Copyright© 横浜で全身脱毛!口コミで評判のサロン口コミ比較 , 2018 All Rights Reserved.