神奈川県で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、横浜にある脱毛サロン選びにお役立てください。

基本情報

脱毛サロンのお手入れ前と後には何をすれば良いの?

更新日:

脱毛サロンで初めてお手入れする方の中には、初回のお手入れの前にどんな準備をしたら良いか分からないという方がいるかもしれませんね。

脱毛サロンでお手入れをする前には、いくつか気をつけなければならない点があります。

また、脱毛後に適切なお手入れをしておけば理想的な仕上がりを目指すことができるので、事前に必要な情報に目を通しておくと良いでしょう。

ここでは、脱毛サロンでのお手入れ前の準備と脱毛後のお手入れについてご紹介したいと思います。

脱毛前の準備について教えて

ムダ毛の処理はどうしたら良い?

脱毛サロンでお手入れするのだから、何もせずにエステティシャンの方にお任せすれば良いとお考えの方がいるかもしれませんが、実はある程度ムダ毛の処理をしておく必要があるのです。

脱毛サロンでのお手入れはメラニン色素などの黒いものに反応する光脱毛を行うので、ムダ毛を1~2㎜程度の長さに残して長いムダ毛は処理しておく必要があります。

ムダ毛が長い状態のまま光を当てると肌へのダメージや場合によっては火傷の原因になってしまうので注意しましょう。

おすすめの方法が脱毛サロンのお手入れ2~3日前にシェーバーなどでお手入れする部分のムダ毛を処理しておいて、当日にほど良い長さになるようにしておくことです。

そうすれば、光脱毛のお手入れがしやすくなりますよ。

 

脱毛前にやってはいけないことって何?

光脱毛は黒いものに反応する性質を持っているので、お手入れする部分のムダ毛を根元から抜いてはいけません。

根元から抜いてしまうと黒い部分が何も残らなくなってしまい光が反応しにくくなるからです。

つまり、毛抜き・脱毛テープ・脱毛ワックスなどのお手入れをしてしまうとムダ毛を根元から抜いてしまうことになるので、これらのお手入れは避けておきましょう。

また、光脱毛はメラニン色素に反応するので、日焼けした肌に光を当てるとお肌にダメージを与えてしまうのでお手入れすることができません。

広範囲の脱毛のお手入れをする方であれば、紫外線対策に気をつけておくなど日焼けしないように十分注意しておく必要があります。

脱毛サロンでは通院中の方でお薬を処方してもらっている方に関しては、かかりつけの医師に脱毛のお手入れについての許可を得た状態でなければお手入れしてもらえない場合があります。該当する方は事前に医師の許可をもらっておくようにしましょう。

また、予防接種の前後10日間はお手入れすることができないので注意しましょう。

そのほか、飲酒や激しい運動などは体温を上昇させることになり、熱エネルギーを使用する光脱毛のお手入れを行うと肌が乾燥しやすくなるのでお手入れできない場合があります。

当日はスムーズにお手入れできるようにコンデションを整えておくことをおすすめします。

施術当日はどんな準備をしておけば良いの?

施術当日はどんな服装をすれば良い?

当日は服装によって脱毛サロン側が準備した施術着が貸してもらえるので安心してお手入れすることができます。お手入れする部分に冷却ジェルを塗って光を当てていくので、施術着に着替えておいたほうが服が汚れる心配がありません。

デリケートゾーンを施術する時はどうしたら良い?

デリケートゾーンのお手入れについては脱毛サロンによってお手入れ前の準備の内容にやや違いがあります。サロンによってはデリケートゾーンの自己処理をする範囲が分かりやすい透明の定規のようなプレートが渡されて、それに沿って事前に処理を行っておきます。

基本的にVラインとIラインは自己処理を行いますが、目が届きにくいOラインはサロン側が処理のお手伝いをしてくれるところが多いようです。また、電気シェーバーの持参が必要なサロンもあるので必要な場合には必ず持っていくようにしましょう。

顔を脱毛する時にはどんな準備をしたら良い?

顔脱毛をする際にはメイクを落とす必要があるので、サロンに足を運ぶ前に自分でメイクを落としておくと良いでしょう。

メイク汚れが毛穴に入り込むと脱毛のお手入れの妨げになってしまうことがあるので、メイクを落とす際には併せて洗顔もしておくと良いかもしれません。

このようなプロセスが面倒な場合には、自宅からノーメイクでサロンに足を運ぶほうが良いかもしれませんね。

ワキを脱毛する時にはどんな準備をしたら良い?

汗をかきやすい季節でも、お手入れ当日はワキに制汗剤を使用するのはやめておきましょう。何も塗らない自然な状態にしておくことでスムーズにお手入れすることができます。

脱毛した当日はどんなことに気をつけたら良い?

お手入れ当日は入浴を控える

お手入れした部分は特殊な光を当てているので少なからずダメージを受けている場合があります。痛みの少ないお手入れ方法ではあるものの通常とは違う肌状態となっているので、入浴時にお湯に浸かると体温を上昇させてしまうので肌が刺激を受ける可能性があります。

ぬるめのシャワーを浴びるだけにしておいて、タオルなどで肌を擦らないように気をつけることが大切です。

丁寧な保湿を心掛けましょう!

脱毛のお手入れ後は肌が乾燥しやすくなるので、自然由来の肌に優しい保湿化粧水や保湿ゲルなどで十分に保湿しましょう。

脱毛サロンによってはサロン専用の保湿ジェルを販売しているところもあるので保湿ケアに役立ちますよ。

万全な紫外線対策をとりましょう!

脱毛のお手入れ後は肌がデリケートな状態になっているので紫外線対策をとることが大切です。当日は長袖の服や日傘などを準備して紫外線の影響から肌を守るようにした方が良いですね。

また、光脱毛は日焼けした肌ではお手入れできないので、毎日の中で万全な紫外線対策をとるようにしましょう。

肌に痒みや痛みが出てきたらどうしたら良い?

万が一肌に痒みや痛みなどの症状が現れた場合には、放置せずにサロンに連絡した上ですぐに皮膚科に相談して早めの対策をとるようにしましょう。

お手入れ前と後の対策が施術をスムーズにする鍵!

脱毛サロンでお手入れする前には、自分自身で様々な準備をしておく必要があります。

前準備をせずに当日を迎えてしまうとお手入れできない場合があります。脱毛サロンでのお手入れの特徴について事前に把握しておけば慌てることなく、リラックスして脱毛の施術を受けることができるでしょう。

また、お手入れ後もいくつか気をつけるべきことがあるので注意点を守って日々を過ごすことで、スムーズな脱毛のお手入れを継続していくことができますね。

横浜 全身脱毛おすすめランキング

-基本情報

Copyright© 横浜で全身脱毛!口コミで評判のサロン口コミ比較 , 2018 All Rights Reserved.